本文へスキップ

青山エリア、銀座線外苑前駅近くの鍼灸指圧治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3475-4631

〒107-0062 東京都港区南青山2-25-10 エスト南青山2階

按摩治療

      1ページ    
顎関節の違和感を軽減できる経絡按摩 NEW!

顎関節の主な症状は、口を大きく開けられない、口の開け閉めでカクカクと音がするなどである。
顎関節の部位を流注する経絡は胃経であるが、胃経の部位に器質的な症状が現われるのは陰陽の関係の脾経・脾が弱っていることが多い。
脾の弱りは主に甘いものや脂っこいものの食べ過ぎから起る。脾経募穴・章門穴と胃経募穴・中脘穴の硬結・圧痛・冷えを調べる。
顎関節の部位を指圧して最も圧痛のあるツボを調べる。顎を動かしてもらって違和感を確かめておいて、その違和感を軽減できる脾経・胃経の1番の硬結・圧痛をとらえて治療すると、顎の違和感を軽減することができる。
〔背臥位〕
① 下腿・脾経と胃経で最も硬結・圧痛の現われているツボを調べて、1穴ずつ2穴を同時に持続圧しながら章門穴を圧迫し、口を開けてもらい症状が軽減することを確かめる。
例.左地機穴と左足三里穴を持続圧しながら章門穴を指圧し、口を開けると症状が軽減した。
〔腹臥位〕背腰部、後頸部、後頭部のツボの治療
① 背腰部の指圧
左右の脾兪穴・意舎穴から1穴、胃兪穴・胃倉穴から1穴、最も硬結・圧痛のあるツボを選択して2穴を同時に持続圧する。
② 後頸部の指圧
頚椎2/3椎間関節部の硬結(下天柱穴)に母指持続圧を行う。
〔背臥位〕
① 百会穴のずらし圧(顎関節の症状が強くある方に向けて、ずらし圧を行う)
② 顎関節部の最も疼痛のあるツボを持続圧しながら、口を開け閉めしてもらう。
●母指の痛みを軽減できる経絡按摩

母指の大菱形骨と中手骨関節部の痛み、いわゆるCM関節の痛みは中高年の女性に多い症状である。
外傷的に母指を痛めたことがなくて母指に症状が出る場合は、肺および肺経の弱りが原因である。
肺に関係する硬結・圧痛穴を治療すると痛みを軽減することができる。
肺経の募穴・中府穴は上胸部、大胸筋の付着部の下際である。
まず、中府穴と母指の最も圧痛のある部位を調べる。
なおCM関節痛は手の掌側と背側の痛みがある。
それぞれ①、②として説明する。
〔背臥位〕 
① 前腕部・肺経の硬結・圧痛穴の母指持続圧
例.掌側部の痛みに対して尺沢穴の母指持続圧
例.背側部の痛みに対して外尺沢穴の母指持続圧
② 胸部・腎経・神蔵穴の持続圧
中府穴とCM関節痛の部位を指圧しながら神蔵穴を指圧すると両方の圧痛が軽減することがわかる。
あるいは神蔵穴を母指持続圧するとCM関節痛の部位に響きが起こることがあるので、響きがほとんど感じられなくなるまで行う。
〔腹臥位〕背腰部、後頸部、後頭部のツボの治療
① 掌側部・背側部の痛みに対して肺兪穴の母指持続圧 
② 背側部の痛みに対して魄戸穴あるいは附分穴の母指持続圧
③ 横突起部の硬結阿是穴の母指持続圧
側頚部に診断按摩を行って、最も硬結・圧痛のあるツボを調べて母指持続圧を行う。
〔背臥位〕
① 百会穴のずらし圧(手の患側の方に向けて、ずらし圧を行う)
② 母指に痛みの出る角度に関節を曲げて母指持続圧を行う
●目の疲れを軽減できる経絡按摩

中医学で「目は肝の竅」といわれ、目の疲れは肝の働きと関係が深い。
肝経で目に関係する全身のツボを調べて母指持続圧し、目の疲れで現われやすい太陽穴(奇穴)と肝経・募穴・期門穴の圧痛を軽減できるツボに母指持続圧を行うと症状を軽減することができる。
肝経の募穴は第9肋骨端の下端、期門穴である。
しかし、これよりも内側の第8肋骨端や第7肋骨端の下方に圧迫不快感のあることがある。
〔背臥位〕 下肢・上肢のツボの治療
① 肝経・太衝穴の母指持続圧
太陽穴と期門穴を指圧しながら太衝穴を指圧して圧痛が軽減することを確かめて母指持続圧を行う。
② 胆経・足臨泣穴の母指持続圧
③ 大腸経・合谷穴の母指持続圧
〔腹臥位〕背腰部、後頸部、後頭部のツボの治療
① 肝兪穴の母指持続圧
腹臥位で背部の肝兪穴と、その外側の魂門穴を左右、4穴、指圧して最も硬結・圧痛のあるツボを調べて母指持続圧を行う。
② 風池穴の母指持続圧
後頸部の天柱、風池、完骨穴に診断按摩を行って、最も硬結・圧痛のあるツボを調べて母指持続圧を行う。
③ 脳空穴の示指持続圧
後頭部に診断按摩を行って、最も硬結・圧痛のあるツボを調べる。
④ 上風池穴にも硬結・圧痛のあることが多い。
〔背臥位〕頭部、患部のツボの治療
① 百会穴のずらし圧(目の方向に向けて、ずらし圧を行う)
② 上眼窩穴の示指持続圧
●耳鳴りを軽減できる経絡按摩

比較的、若い人の耳鳴りは三焦(副腎)の弱り、高齢者の耳鳴りは腎の弱りと考えられる。今回はストレスが原因で三焦が弱り、耳鳴りが起った症例について説明する。
耳鳴りで、耳の周囲で圧痛の強いツボは主に和髎穴、曲鬢穴、角孫穴、天牅穴などである。上肢では三焦経の中渚穴あるいは上中渚穴などである。背腰部では三焦兪穴あるいは肓門穴である。
三焦経の募穴・石門穴は下腹部・正中・臍の下方2寸にある。このツボの弱りの反応は押すと凹んでいて圧迫不快感があり、冷えていることが多い。百会穴の患側ずらし圧も治療効果が高い。
〔患側を上に側臥位あるいは背臥位〕
1)上肢のツボの治療
・三焦経募穴・石門穴の圧迫不快感と和髎穴の圧痛を確かめる。患側の上中渚穴の圧痛部位を指圧して、石門穴と和髎穴の圧痛が軽減することを確かめて治療穴とする。
持続圧をして耳鳴りの音が変化したり、耳鳴りが小さくなることがある。
・例.上中渚穴の母指持続圧
2)背腰部のツボの治療   
左右の三焦兪穴と肓門穴を指圧して、最も硬結・圧痛の強いツボを調べる。
このツボを指圧しながら和髎穴を指圧して圧痛が軽減することを確かめて治療穴と判断し、母指持続圧を行う。
耳の周囲に響きが起こる場合は、その響きか起らなくなるまで持続圧を行う。
・例.右肓門穴の母指持続圧
3)百会穴のずらし圧
百会穴の圧痛をとらえ、指圧しながら耳の患側の方にずらし圧を行う。
4)患部の指圧和髎穴に示指の持続圧と揉捏を十分に行う。
●後頸部・天柱穴の硬結・圧痛を軽減できる経絡按摩

後頸部・天柱穴は膀胱経のツボである。このツボの硬結・圧痛は目の内側部の痛み(睛明穴)や足部から下腿後側部、膝窩部、大腿後側部、仙骨部、背腰部の膀胱経の弱りによる硬結・圧痛に関係して症状が現れる。また膀胱経と陰陽の関係である腎経の変動も天柱穴に現れる。
左右でどちら側に硬結・圧痛が強いかを調べて、同側の膀胱の経絡上の硬結・圧痛をみつけて治療を行う。
膀胱経・募穴・中極穴の圧迫不快感や冷えを調べておく。
中極穴は恥骨・正中・曲骨穴の1寸上方にある。
〔患側を上に側臥位あるいは背臥位〕
1)下肢・上肢のツボの治療
・下腿から足部にかけて診断按摩を行い、最も硬結・圧痛のあるツボを調べ、そのツボを持続圧しながら、天柱穴と中極穴を指圧して圧痛が軽減することを確かめて治療穴と判断して持続圧を行う。
・例.崑崙穴の指圧
・上肢では小腸経・後谿穴に圧痛があれば天柱穴の症状を軽減することができる。
2)仙骨部・背腰部のツボの治療
膀胱兪穴と腎兪穴、関元兪穴を中心に背腰部、全体に診断按摩を行って最も硬結・圧痛のあるツボを調べ、そのツボを指圧しながら募穴と天柱穴を指圧して圧痛が軽減することを確かめて治療穴と判断して治療を行う。
例.膀胱兪穴の母指持続圧
3)百会穴のずらし圧
圧痛が強くある百会穴を母指持続圧して、硬結・圧痛のある天柱穴の方に向けてずらし圧を行うと、天柱穴に響きが起こる。
4)天柱穴の持続圧

●肘関節の内側部・野球肘の痛みを軽減できる経絡按摩

肘関節内側部・野球肘の部位の経絡・経穴は心経・少海である。
この経絡・経穴と経絡的に関係する全身のツボを調べて、その硬結・圧痛を指圧し、肘の痛みが軽減することを確かめて治療穴と判断する。治療は持続圧を行って気を巡らせ、症状の軽減をはかる。
心経の募穴は剣状突起の1寸下方、任脈・巨闕である。
〔背臥位〕
⑴ 診断
①ボールを投げる動作は肘関節の屈曲・回外位から伸展である。その動作に抵抗を加えて疼痛を誘発させて、最も圧痛のあるツボを調べる。
②心窩部・心経募穴・巨闕に硬結と圧迫不快感のあることを確かめる。
⑵治療
①歩廊の指圧
胸部の腎経・歩廊を指圧して圧痛のあることを確かめる。肘を屈曲・回外して伸展させ、それに抵抗を加え疼痛を発生させ、歩廊を指圧して少海の疼痛が軽減することを確かめて治療穴と判断し、母指持続圧を行う。
②通里の指圧
尺骨茎状突起内側部の心経・通里を指圧して圧痛のあることを確かめる。疼痛を誘発する動作をさせて、通里を指圧して少海の疼痛軽減を確かめて治療穴と判断して持続圧を行う。
〔患側上の側臥位〕
①心兪の指圧
肩甲間部の心兪を指圧して硬結・圧痛のあることを確かめる。患者さんに募穴・巨闕と少海を圧迫して疼痛のあることを確かめてもらい、心兪を指圧して少海と巨闕の症状が軽減することを確かめて治療穴と判断し、持続圧を行う。
〔背臥位〕
①百会の側方(患側)ずらし圧  

 ●鼠径部の痛みを軽減できる経絡按摩

甘い物や脂っこい物が大好きで鼠径部(脾経・衝門)に痛みがある場合、脾の弱りで起こっていることが多い。
脾経募穴・章門や脾の診断に使える腹哀などの圧迫不快感や冷えを確かめておいて鼠径部・衝門を圧迫すると、腹部募穴の症状が軽減する。
この反応があると鼠径部の痛みは、腹部の脾(膵臓と予想される)の弱りであることが分かる。
鼠径部の痛みと腹部症状は背腰部の脾兪あるいは意舎、下肢の地機あるいは公孫などの最も硬結・圧痛のあるツボを指圧することによって改善することができる。
また百会はどんな症状に対しても指圧して改善の効果のある重要なツボであり、
鼠径部の痛みに対して百会を指圧して次にその方向にずらし圧を行うと、鼠径部に響きが起こる。
今回は左鼠径部・脾経・衝門の痛みとして説明する。
〔背臥位〕
① 脾経募穴・章門あるいは腹哀の硬結・圧痛・冷えを調べる。その他、下腿脾経の公孫、地機、陰陵泉などのツボの硬結・圧痛・冷えの有無を調べる。
② 鼠径部・衝門と腹部・章門の症状を軽減できる下肢のツボに持続圧を行う。
・例.地機を指圧すると両方のツボの症状が軽減した。  
〔腹臥位〕
① 鼠径部の症状のある側と同じ側の脾兪・意舎に指圧・揉捏して最も硬結・圧痛のあるツボを調べ、そのツボに母指持続圧を行って、鼠径部に響くことを確かめて治療穴と判断する。
・例.左意舎を母指持続圧すると鼠径部・衝門の痛みが軽減した。
② 百会の左斜め前ずらし圧    

●便秘を改善できる経絡按摩治療 

仙骨部の腹側にS状結腸・直腸・肛門がある。上髎から下髎、会陽の圧痛反応は便秘と関係が深い。
また腰部の大腸兪と下腿・胃経の上巨虚から下巨虚、上腕・大腸経の手三里から下廉の硬結・圧痛も重要である。
診断穴として腹部の大腸経募穴・天枢の硬結と圧迫不快感のあることを調べて、この反応を軽減できる治療穴を選択する。
慢性の便秘では左下腹部の府舎・腹結に棒状の硬結・圧痛があるので、このツボの反応を軽減できるかどうかも重要である。
さらに大腸の伝導変化を促進する他の臓腑として、腎の気化作用を行う志室、胃の降濁作用を行う胃兪、肺の粛降作用を行う肺兪も重要である。
〔背臥位〕
① 便秘に関係の深い大腸経募穴・天枢の硬結・圧痛・冷えを調べる。その他、胃経募穴・中脘、腎経募穴・京門の硬結・圧痛・冷えと、下腹部左右の硬結の有無を調べる。
② 天枢の圧迫不快感を軽減できる上肢のツボを調べて持続圧を行う。
・例.上廉を指圧すると天枢の圧迫不快感が軽減した。
③天枢の圧迫不快感を軽減できる下肢のツボを調べて持続圧を行う。
・例.上巨虚を指圧すると天枢の圧迫不快感が軽減した。
④ 府舎の圧迫不快感を軽減できる下肢のツボを調べて持続圧を行う。
・例.地機を指圧すると府舎の圧迫不快感を軽減した。
⑤ 頭頂部・百会の後方ずらしの母指持続圧
〔腹臥位〕
① 背腰部全体の冷えを調べる。
② 大腸兪の母指圧
③ 志室あるいは腎兪の母指圧
④ 胃兪の母指圧
⑤ 肺兪の母指圧

●下肢・胆経の坐骨神経痛を軽減できる按摩治療

胆経の坐骨神経痛は臀部・環跳穴から大腿外側部・風市穴、下腿外側部・陽陵泉穴、懸鐘穴などにシビレ・痛みが起こる。
症状をはっきりと感じさせる姿勢として、側臥位で膝関節伸展位にして股関節を屈曲し、かつ内転する。
腰部のツボで神経痛を改善できるツボは関元兪穴や志室穴であるが、根本的な治療穴は肝兪穴あるいは魂門穴、胆兪穴あるいは陽綱穴である。
神経痛の現れているツボとこれらの募穴のツボを圧迫しながら背部の肝、あるいは胆のツボを持続圧すると、両方の症状が改善する。
(左下肢・胆経・懸鐘穴の坐骨神経痛として説明する)
⑴ 背腰部の按摩(側臥位 股関節屈曲・内転位)
① 腰痛穴5点の重ね母指持続圧
胆経の症状であっても腰痛穴5点の内、必ず1穴は関係があって治療穴となる。母指持続圧をして神経痛の患部に響くツボを選択して治療穴とする。
・例.左外大腸兪穴を持続圧しながら左日月穴と風市穴を圧迫すると圧痛が軽減した。
また志室穴の硬結・圧痛を指圧しても患部に響くことがある。
②背部のツボの按摩
肝兪穴あるいは魂門穴、胆兪穴あるいは陽綱穴
胆経の症状であっても肝兪穴あるいは魂門穴に最も硬結・圧痛があって、指圧して神経痛の患部に響くことが多い。
・例.左期門穴と風市穴を圧迫しながら左魂門穴を母指持続圧すると両方の圧痛が軽減した。
⑵ 下肢・胆経のツボの按摩  
① 神経痛の患部のツボを最後に治療することにして、下肢・胆経で、その上下の硬結・圧痛に按摩を行う。
・例.奇経治療(帯脈穴に圧痛)として左足臨泣穴に母指持続圧を行う
②神経痛患部のツボの按摩
・例.左懸鐘穴の母指持続圧

●中指と薬指の背屈痛を軽減できる按摩治療中指の痛みなどの症状は、心包経に関係したツボを中心に治療する

すなわち厥陰兪穴、膏肓穴、膻中穴、神封穴、曲沢穴、内関穴などである。
今回、中指の痛みは中指を背屈すると第3中手指節関節掌側部に痛みが出ると仮定して説明する。薬指の痛みなどの症状は、三焦経に関係したツボを中心に治療する。
すなわち三焦兪穴、肓門穴、膏肓穴、外関穴などである。
今回、薬指の痛みは薬指を背屈すると第4中手指節関節掌側部に痛みが出ると仮定して説明する。
⑴中指背屈痛の按摩
① 肩甲間部・厥陰兪穴の母指持続圧(側臥位)
胸部の膻中穴あるいは手の患側と同じ側の神封穴を指圧して圧痛を確かめる。次に中指を背屈して痛みの出る状態で、厥陰兪穴の最も硬結・圧痛のあるツボを母指持続圧し、胸部と中指の痛みが軽減することを確かめる。
・例.右厥陰兪穴を持続圧しながら膻中穴を指圧すると圧痛が軽減し、次に右中指を背屈すると、痛みが少なくなってさらに背屈することができた。
② 胸部、膻中穴あるいは神封穴の母指持続圧(背臥位)
中指を背屈して痛みを出して膻中穴あるいは神封穴の持続圧を行い、痛みが軽減してさらに背屈できることを確かめて治療を行う。
⑵ 薬指背屈痛の按摩
① 下腹部の石門穴を圧迫して圧痛を確かめる。次に薬指を背屈して痛みの出る状態で、三焦兪穴あるいは肓門穴の最も硬結・圧痛のあるツボを母指持続圧し、腹部と薬指の痛みが軽減することを確かめる。
・例.右肓門穴を持続圧しながら石門穴を指圧すると圧痛が軽減し、右薬指を背屈すると痛みが少なくなってさらに背屈することができた。
② 胸部・神封穴の母指持続圧(背臥位)
神封穴を母指持続圧しながら薬指を背屈すると痛みが軽減してさらに背屈することができた。

●かかと内側部の痛みを軽減できる按摩治療

かかとの内側部は腎経の流注する部位である。かかとの痛む部位にゴルフボールなどをあててサポーターで圧迫して痛みを再現する。
この疼痛部位と募穴・京門穴あるいは肓兪穴の痛みを軽減できる全身のツボを調べて治療を行う。
安静にしていても痛みがある場合は、あえて痛みを再現しないで、その痛みが軽減するツボを調べる。
腎経の募穴・京門穴は第12肋骨端の下際である。
募穴に準じて診断できる肓兪穴は、臍の横約1㎝である。
〔腹臥位〕
⑴ 背腰部の志室穴あるいは腎兪穴の按摩(側臥位)
京門穴あるいは肓兪穴を圧迫しながら硬結・圧痛の強いツボを指圧して、このツボの圧痛が軽減し、同時に、かかとの痛みが軽減することを確認して母指持続圧を行う。
・例.腎兪穴を持続圧しながら肓兪穴を圧迫すると圧痛が軽減し、同時にかかとの痛みが軽減した。
⑵ 下腿後側部・腎経で硬結・圧痛のあるツボの指圧
下陰谷穴、築賓穴、交信穴などで最も硬結・圧痛のあるツボに母指持続圧を行う。  
・例.築賓穴の母指持続圧 
⑶ 踵に近い部位で硬結・圧痛のあるツボの母指圧 
然谷穴あるいは水泉穴、照海穴で最も圧痛の強いツボを指圧して、踵疼痛部位に響くことを確かめて治療穴とし、母指持続圧を行う。
・例.水泉穴の母指持続圧
⑷ 踵の患部の治療を足関節背屈位を維持して母指圧行う。 
患者の足を治療師の大腿部に乗せ、足底部を他方の膝で圧迫して行う。

●小指の動き(ピアノの演奏)をよくする按摩治療 !

ピアノの演奏で、特に小指は大きく外転して屈曲・伸展の動作が行われる。小指の外転は小指外転筋が作用し、経絡は小腸経である。また屈曲は浅指屈筋・深指屈筋が作用して、経絡は心経である。
背腰部の小腸兪穴と心兪穴の筋の硬結をゆるめて、小指外転位で屈曲に力をいれさせて硬結・圧痛のでる部位に按摩を行うと、小指の動きをよくすることができる。また小指を牽引したまま、揉むことも効果がある。
さらに第5胸肋関節部の歩廊穴や肩甲骨部・天宗穴を治療すると小指の動きがよくなる。
〔側臥位〕
⑴ 背腰部の小腸兪穴と心兪穴の按摩(側臥位)
① 仙腸関節部の小腸兪穴、肩甲間部・神堂穴と心兪穴に按摩を行う。
 他、背腰部の脊柱起立筋、膀胱経1行線と2行線のツボに診断按摩を行い、最も硬結・圧痛のあるツボに按摩を行う。
・例.小指外転の筋の強さを確認しておき、小腸兪穴・神堂穴を指圧しながらもう一度小指を外転すると強くなることがわかる。
・例.小指を屈曲して筋の強さを確認しておき、心兪穴・歩廊穴を指圧しながらもう一度小指を屈曲すると強くなることがわかる。
②肩甲骨部・天宗穴の按摩
〔背臥位〕
⑵ 第5胸肋関節部・歩廊穴の指圧
⑶ 前腕部・手部の小腸経と心経の按摩
① 小指を外転するように力を入れさせて前腕部・小指伸筋と小指外転筋に按摩を行う。
② 小指を外転位で屈曲するように力を入れさせて、前腕部の浅指屈筋・深指屈筋と小指屈筋に按摩を行う 。

●膝蓋骨の内膝眼穴の痛みを軽減できる按摩治療

膝の膝蓋骨内側下方、内膝眼穴の痛みは脾経(膵臓に関係が深い)の弱りである。
膵臓に弱りがあると、上腹部の胃経・梁門穴から側腹部の脾経の募穴・章門穴にかけて冷えや圧迫して不快感がある。

〔背臥位〕
⑴ 下肢の按摩
① 下腿内側部・脾経・地機穴、あるいは足部・脾経・公孫穴に硬結・圧痛のあることが多い。・例.硬結・圧痛の強い地機穴を持続圧して内膝眼穴と章門穴を指圧すると圧痛が軽減した。② 大腿前内側部・脾経・血海穴に硬結・圧痛のあることが多い。
手根圧迫と手根揉捏を行う。  
⑵ 背腰部の按摩
① 患側と同側の脾兪穴あるいは意舎穴で硬結・圧痛の強いツボに母指持続圧を行う。   
⑶ 患部・下肢の按摩
① 膝に痛みの出る状態に膝関節を屈曲あるいは伸展して按摩を行う。
・例.膝関節を最大屈曲して内膝眼穴に痛みを出して母指持続圧を行う。
② 下腿や足部の硬結・圧痛の強いツボを指圧しながら膝関節の屈曲・伸展運動を行う。
・例.公孫穴を指圧しながら膝関節の屈曲・伸展他動運動を行う。
③ 立位 膝関節を屈曲して内膝眼穴に痛みが出た状態で疼痛部位に指圧を行う。

●咳を軽減できる経絡按摩治療 

咳は中医学では、風寒や風熱の邪を受けて肺気が上逆して起こるとされている。主な治療穴は肺兪穴、尺沢穴、上天突穴などである。
咳が慢性になっていたり気管支炎になっていると、胸骨部の華蓋穴に圧痛がある。
咳に痰が伴うときは、脾虚から痰湿ができて肺にたまったものということで、主な治療穴は脾兪穴、豊隆穴などである。
高齢者で慢性的な咳は、腎虚が原因である。
〔背臥位〕
① 咳に関係する胸腹部・募穴を調べて、咳の原因が冷えなのか、あるいは熱なのかの判断を行う。
肺経募穴・中府穴、胃経募穴・中脘穴、大腸経募穴・天枢穴、腎経募穴・京門穴の冷えを調べる。
② 咳が続くと胸鎖乳突筋部が凝るので四指圧迫と四指揉捏を行う。
③ 華蓋穴あるいは神蔵穴の中指圧迫 
④ 照海穴の母指圧
⑤ 豊隆穴の母指圧
⑥ 尺沢穴の母指圧
〔腹臥位〕
① 内肩中兪穴の母指圧
② 腎兪穴の母指圧
③ 脾兪穴の母指圧
④ 肺兪穴の母指圧
・上肢・下肢のツボ、あるいは背腰部のツボを指圧して咳き込み、最後に痰を出して楽になることがある。強力な改善反応であると考えられる。


田中鍼灸指圧治療院ビルダークリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-25-10 
エスト南青山2階
TEL 03-3475-4631
FAX 03-3475-4632
最寄り駅: 銀座線外苑前駅
      出口1b
竹林の一方通行路地を入り、60m程進む。
左側5軒目3階建ての青いビルの2階


リンク



杉本治療院



やすらぎの里

治療院やまと