本文へスキップ

青山エリア、銀座線外苑前駅近くの鍼灸指圧治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3475-4631

〒107-0062 東京都港区南青山2-25-10 エスト南青山2階

機関誌より

按摩治療

3ページ
● 肩甲骨部の小腸経・天宗穴の硬結・圧痛を軽減できる経絡按摩

小腸経の経絡上の硬結・圧痛は、小腸の弱りと同時に心の弱りが現れることが多い。
小腸経募穴・関元穴と天宗穴の両方の症状を改善できるツボに、治療を行うと軽減することができる。

診断
腹臥位
(右天宗穴に硬結・圧痛が強いとして説明する)
患者さんの手で下腹部の関元穴を圧迫して不快感のあることを確かめる。

⑴背腰部の按摩
➀ 仙腸関節部の小腸兪穴の圧痛を調べる。
 このツボを母指の指先を立てて指圧して、他方の手で天宗穴を揉んで圧痛が軽減す ることを確かめて持続圧を行う。
 また患者さんが関元穴を圧迫して、不快感が軽減することを確かめる。
 志室穴も関係が深いので硬結・圧痛があれば、このツボにも持続圧を行う。
➁心兪穴、外心兪穴、神堂穴に診断按摩を行って最も硬結・圧痛のあるツボを調べる 。神堂穴に反応のあることが多い。
 神堂穴を持続圧しながら天宗穴を指圧して圧痛が軽減することを確かめ、持続圧を 行う。
⑵上肢の按摩
 上肢の小腸経、後谿穴・腕骨穴・陽谷穴を三穴に示指、中指、環指の三指で指圧し て天宗穴の硬結・圧痛が軽減することを確かめ、持続圧を行う。
⑶百会穴の右斜め後方ずらし圧を行う。
⑷患部の按摩
 天宗穴に十分に指圧と揉捏を行う。
●飲み込みにくい症状を軽減できる経絡按摩

飲み込みにくい症状は筆者の経験から、腎と腎経のツボを治療して軽減することができる。また胃経のツボでも軽減できる。
腎の経絡は上胸部の兪府穴で終っているが、奇経の陰蹻脈はのどを通って目の下まで流注している。
背臥位で患者さんにツバを飲み込んでもらい、その感覚を確かめる。あるいは枕を外して顎を上げて飲み込みにくい状態で飲み込んでもらう。
この状態で症状を改善できるツボを調べて、指圧・揉捏を行うと改善することができる。

治療

背臥位:
➀照海穴の持指圧
枕を外して顎を上げた状態で左右の照海穴を指圧すると飲み込みやすくなった。

  ➁陥谷穴と外陥谷穴の持続圧
左右の陥谷穴と外陥谷穴、4穴を同時に指圧すると飲み込みやすくなった。

➂後頸部の下天柱穴を左右同時に中指で天井側に圧迫すると飲み込みやすく なった。

➃頭頂部、百会穴の前ずらし圧

腹臥位:
患者さんに顎を上げるか、あるいは下げて飲み込みにくい方を調べる。
左右の腎兪穴、志室穴の硬結・圧痛を調べる。
➄顎を下げて左右の腎兪穴を持続圧すると飲み込みやすくなった。
●肩甲骨部の小腸経・天宗穴の硬結・圧痛を軽減できる経絡按摩

小腸経の経絡上の硬結・圧痛は、小腸の弱りと同時に心の弱りが現れることが多い。
小腸経募穴・関元穴と天宗穴の両方の症状を改善できるツボに、治療を行うと軽減することができる。

診断

腹臥位
(右天宗穴に硬結・圧痛が強いとして説明する)
患者さんの手で下腹部の関元穴を圧迫して不快感のあることを確かめる。

⑴背腰部の按摩

➀ 仙腸関節部の小腸兪穴の圧痛を調べる。
このツボを母指の指先を立てて指圧して、他方の手で天宗穴を揉んで圧痛が軽減することを確かめて持続圧を行う。
また患者さんが関元穴を圧迫して、不快感が軽減することを確かめる。
志室穴も関係が深いので硬結・圧痛があれば、このツボにも持続圧を行う。
➁心兪穴、外心兪穴、神堂穴に診断按摩を行って最も硬結・圧痛のあるツボを調べる。
神堂穴に反応のあることが多い。
神堂穴を持続圧しながら天宗穴を指圧して圧痛が軽減することを確かめ、持続圧を行う。

⑵上肢の按摩
上肢の小腸経、後谿穴・腕骨穴・陽谷穴を三穴に示指、中指、環指の三指で指圧して天宗穴の硬結・圧痛が軽減することを確かめ、持続圧を行う。

⑶百会穴の右斜め後方ずらし圧を行う。

⑷患部の按摩

天宗穴に十分に指圧と揉捏を行う。
●鼠径部の大腿動脈部、脾経・衝門穴の痛みを軽減できる経絡按摩

鼠径部の大腿動脈部は脾経と胃経の経絡が流注している。
この部位の痛みは脾経と脾の弱りが関係していることが多い。
脾の臓と脾経に関係する全身の硬結・圧痛のあるツボを治療すると改善することができる。

診断

背臥位
鼠径部、脾経の衝門穴の圧痛が左右、どちらに強いかを調べる。
例として、左側が強いとして説明する。
左側の下腿、脾経のツボで硬結・圧痛の強いツボを調べる。
例として、公孫穴と陰陵泉穴とする。
脾経・募穴、章門穴の圧痛を調べる。
例として、左章門穴に圧痛が強いとする。

実験
患者さんの手で左章門穴と衝門穴を圧迫しながら、治療師が公孫穴と陰陵泉穴を指圧して腹部の症状が軽減することを確かめる。

治療
左上の側臥位
脾兪穴と意舎穴で硬結・圧痛の強い方を調べる。
意舎穴とする。意舎穴を指圧しながら患者さんに鼠径部・衝門穴を圧迫して圧痛が軽減することを確かめる。
衝門穴の圧痛が半減するまで意舎穴に重ね母指持続圧を行う。
百会穴の斜め後方ずらし圧

背臥位
もう一度、公孫穴と陰陵泉穴を持続圧する。
効果の確認
衝門穴の圧痛がほとんど改善していることを確かめる。
● 呼吸を楽にできる経絡按摩
呼吸は肺の主(つかさど)りであるが、特に吸う息は腎、吐く息は肺であると古典で説明している。
背臥位
「息吸って」と指示して腎経・照海穴を指圧する。
「息吐いて」と指示して肺経・魚際穴を指圧する。
この逆をやると呼吸がしにくいことが分かる。

側臥位(中府穴の硬結・圧痛のある側を上に側臥位)
「息吸って」と指示して腎兪と志室を指圧する。
「息吐いて」と指示して肺兪と魄戸を指圧する。
● 脇腹の肋間神経痛(第10肋骨の部位)を軽減できる経絡按摩
第10肋骨は胆と胆経に関係が深い。
肋間神経痛の痛みと胆経募穴・日月穴(第12肋骨端)の圧迫不快感を同時に軽減できる、背腰部のツボと下肢胆経のツボを治療すると軽減することができる。
〔患側を上に側臥位〕 
(1)下肢のツボの按摩
①患者さんに肋間神経痛の部位と胆経募穴・日月穴を圧迫してもらいながら、下肢胆経で硬結・圧痛のあるツボに按摩を行う。
例.陽陵泉穴を指圧すると神経痛と募穴の痛み軽減した。  
②背腰部のツボの指圧
背部の胆兪穴と肝兪穴、その外側の陽綱穴と魂門穴を指圧・揉捏し、最も硬結・圧痛のあるツボを調べる。
例.陽綱穴に重ね母指圧をすると神経痛と募穴の痛みが軽減した。        
③百会穴の患側への横ずらし圧
このツボも患部に響きくことが多いが、感じない場合は患者さんの手で神経痛の部位を圧迫してもらいながら行うと圧痛が軽減するので分かる。
④患部の按摩                        
最後に、今までの治療で神経痛はだいぶ改善しているので軽めに指圧と揉捏を行う。                            
坐位
(2)坐位で体幹を側屈して患部に痛みが出る場合、その姿勢を保って痛みの部位に按摩を行う。                     
● 肩甲間部・膏肓穴の硬結・圧痛を軽減する経絡按摩
膏肓穴はこの内側に厥陰兪穴があり、このツボと関係が深い。また膀胱経2行線のツボなので、経験的に腰部の肓門穴に関係が深い。
膏肓穴を持続圧すると上肢の三焦経から薬指に響くことが多い。
患者さんに膏肓穴を圧迫してもらいながら、心包経の募穴、膻中あるいは神封穴・霊墟穴、三焦経の募穴、石門穴の圧迫不快感を軽減できるツボを治療すると膏肓穴の硬結・圧痛を軽減することができる。
〔患側を上に側臥位〕 
⑴ 上肢のツボの按摩
①患者さんに膏肓穴を圧迫してもらいながら、上肢、三焦経で硬結・圧痛のあるツボ、四瀆穴や外関、支溝、会宗穴、上中渚穴で最も硬結・圧痛のあるツボを指圧して、膏肓穴の圧痛が軽減することを確かめて治療穴と判断して持続圧を行う。
例.四瀆穴を指圧すると膏肓穴の圧痛が軽減した。       
⑵ 肩部のツボの按摩
肩上部に三焦経の天髎穴がある。このツボに硬結・圧痛が強くある場合、指圧して膏肓穴の硬結・圧痛を軽減することができる。        
〔腹臥位〕
⑴ 頸部のツボの按摩
側頸部で耳の下に天牖穴がある。このツボに硬結・圧痛が強い場合、指圧して膏肓穴の圧痛を軽減することができる。             
⑵ 背腰部のツボの按摩
腰部の膀胱経2行線、三焦兪穴の外側の肓門穴に硬結・圧痛が強い場合、このツボを指圧して膏肓穴の硬結・圧痛を軽減することができる。             ⑶ 百会穴の患部方向、斜め後方への右ずらし圧           
⑷ 患部、膏肓穴の指圧と揉捏                
●股関節外側部、胆経・環跳穴の痛みを軽減できる経絡按摩
環跳穴は胆経のツボであるが、この痛みはその陰の肝経・肝の弱りから起こっていることが多い。
例えば右股関節を外転して痛みが出る場合、その状態を保ってこの部位と関係の深いツボに按摩(揉捏と指圧)を行って、痛みが軽減することを確かめて治療を行う。
〔背臥位〕 
(1)下肢のツボの按摩
①右足臨泣穴と下腿・胆経で硬結・圧痛のあるツボ、例として陽交・外丘穴を持続圧して股関節の痛みが軽減することを確かめる。
例.足臨泣穴と外丘穴を同時に指圧すると股関節の痛みが軽減した。 
②右肝経の太衝穴と曲泉穴を同時に指圧して股関節の痛みが軽減することを確かめて治療する。    
〔腹臥位〕
(2)背腰部の按摩
右側の胆兪穴、陽綱穴、肝兪穴、魂門穴を指圧して最も硬結・圧痛のあるツボをしらべ、そのツボを持続圧して環跳穴の痛みが軽減するのを確かめて治療する。
例.右魂門穴を持続圧すると環跳穴の痛みが軽減した。             
(3)百会穴の患部方向への右ずらし圧          
(4)患部関節の按摩
股関節を外転して環跳穴にゲンコツ圧迫と揉捏を行う。    
●中指の近位指節関節が腫れて屈曲・伸展できないという症状を軽減できる経絡按摩
中指は心包経である。
全身の心包と心包経に関係したツボで、硬結・圧痛のあるツボに按摩を行うと改善することができる。
心包経の募穴は胸部の膻中穴である。
右中指を屈曲すると関節の内側と外側に痛みが出て、伸展すると基節骨の掌側部に痛みが出るとして説明する。
〔腹臥位〕 
背腰部のツボの指圧
(1)志室穴の持続圧
筆者の経験上、同側の腎兪穴の外側、志室穴の持続圧で中指に響くことが多い。
すなわち腎の弱りが根本原因で症状が起こっていると推測される。
患者さんに中指を屈曲してもらい、伸展してもらって痛みを再現する。
志室穴を持続圧しながらもう一度、中指の屈曲・伸展をすると痛みが軽減することがわかる。
5分間の持続圧を2~3回行う。                
(2)厥陰兪あるいは外厥陰兪の硬結・圧痛を調べて、強い方のツボに持続圧を行う。                          〔背臥位〕
頭部のツボの指圧
①百会穴の患側の右方向に横ずらし圧         
胸部のツボの指圧
①胸部の腎経・神封穴に、中指を屈曲しながら(図4)、また伸展しながら持続圧を行う(図5)。
手の患部の指圧
①中指を屈曲して関節の内側、外側に指圧と揉捏を行う  
②中指を伸展して基節骨の内側部に指圧と揉捏を行う  

田中鍼灸指圧治療院ビルダークリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-25-10 
エスト南青山2階
TEL 03-3475-4631
FAX 03-3475-4632
最寄り駅: 銀座線外苑前駅
      出口1b
竹林の一方通行路地を入り、60m程進む。
左側5軒目3階建ての青いビルの2階


リンク



杉本治療院



やすらぎの里

治療院やまと