本文へスキップ

青山エリア、銀座線外苑前駅近くの鍼灸指圧治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3475-4631

〒107-0062 東京都港区南青山2-25-10 エスト南青山2階

機関誌より

治療院川柳

過去の川柳(平成8年11月~24年1月)はこちらからご覧ください

 [29年7月]
・友開業 お祝い兼ねて 我患者                 〔村1番〕
・素問読む 不思議な理論  眠られず    〔高齢者マーク〕
・鍼灸も 人工知能に 負けるかも    〔ぱぴぷぺぽ〕   
・宿題の 川柳作り 難しい             〔強揉み名人〕
・口コミが 一番確実 患者増え         〔おばんです〕
・嬉しいな  親子3代  鍼治療                  〔招き猫〕
・持続圧 指が痛くて  響かない           〔あ~ん〕 
・話しても  答えがこない  眠ってた       〔揉まれ好き〕
・まかせます  何でもいいから  治るなら  〔もみもみも〕
・母指撚鍼 俺より上手 練習生            〔指導員B〕
・00番  素問の理論  裏付ける              〔指導員A〕
・講習会 揉まれる良さを 体感し        〔受け身初段〕
・講習会 月に4回 やってくれ             〔高笑い〕
・極楽は 人工知能に 勝てる鍼            〔華陀のひ孫〕
 [29年5月]
・あまりにも  技術が違う  田中流          〔ぱぴぷぺぽ〕
・古典読む  疑問ばかりが あと残る      〔のんびりと〕
・00番 こんな鍼でも 効くのかな           〔高笑い〕   
・鍼灸で 羽振りのいい人 見当たらず      〔おばんです〕
・按摩して  しゃべらない人  医者だった     〔強揉み名人〕
・独立を 考えながら 早9年                    〔招き猫〕
・持続圧 3分過ぎて 我眠り            〔揉まれ好き〕 
・講習会 練習なのに 疲れ飛ぶ                〔あ~ん〕
・尻揉まれ  胃がグルグルと  止まらない    〔もみもみも〕
・練習生 俺よりでかい 親指だ             〔指導員B〕
・突然に  眠ってしまう 鍼温灸             〔受け身初段〕
・困ったな 自分の目に刺す 講習会           〔村一番〕
・忘年会 玄米100回  噛まされた         〔華陀のひ孫〕
・極楽は  終って妻の 肘按摩                〔おだいじに〕
 [29年3月]
・田中流 頑固一徹 持続圧          〔ぱぴぷぺぽ〕
・免許取り 指圧の業界 変革す           〔のんびりと〕
・八十九 患者の笑顔 励まされ              〔高笑い〕   
・按摩受け 帰りの電車 乗り過ごし         〔おばんです〕
・花粉症 自分で鍼して 乗り切ろう            〔あ~ん〕
・今年こそ 開業するぞと 早五年            〔招き猫〕
・我花粉 患者の気持ち よく分かる         〔揉まれ好き〕 
・国試落ち 同窓会に 出られない               〔強揉み名人〕
・仕事ゼロ 徹夜でチラシ まいてみた      〔もみもみも〕
・患者さん  いろいろ聞くと 鍼灸師            〔指導員B〕
・いつまでも 癖が撮れない 自分流         〔受け身初段〕
・我指圧  娘は鍼で  開業す                      〔村一番〕
・逆捻転 やってみたけど 治らない       〔華陀のひ孫〕
・極楽は  我と友人  皆受かり              〔おだいじに〕

[29年1月]
・寝てる間に アトピー治る 00番    〔ぱぴぷぺぽ〕
・続けてる 玄米噛むこと 100回を          〔高笑い〕
・細すぎる 太っとい鍼で やってくれ   〔華陀のひ孫〕
・我息子 免許取っても あと継がぬ           〔招き猫〕
・今年こそ 開業したいが 70歳          〔若葉マーク〕
・復帰戦 田中流にて 腕磨く               〔口さき名人〕
・指圧して 間合いをとれば いい感じ          〔桜縞〕
・寒い中  着込んで来院 80歳      〔海超えて〕
・新年会 鍼して飲んで 絶好調        〔村一番〕
・お正月  飲み食いし過ぎ 腹出てる            〔あ~ん〕
・逆捻転 腹鳴起こって 腰治る          〔ひょっとして〕
・2位の人 1位にさせる AKA          〔おだいじに〕
・正月は 期門に鍼して 見る駅伝          〔おばんです〕
・極楽は 妻に揉まれて 眠るとき          〔もみもみも
 [28年11月]
・腰痛で かかって帰り なお悪い 〔華陀のひ孫〕
・鍼按摩 学習するほど おもしろい  〔按鍼安全〕
・肩凝った スマホながめりゃ そうなるさ 〔桜縞〕
・湧泉で からだホカホカ いい気持ち  〔座頭市〕
・鍼刺して そのまま外出 コンビニへ 〔2016〕
・知らぬ間に 二時間経過 迷い鍼   〔ぼんやり〕
・死ぬまでに 一度建てたい 治療院 〔ハイちゃん〕
・鍼灸師 今の私は 進級必師      〔2年生〕
・オレの鍼 明日は「名人」 今「迷人」〔口先「名人」〕
・川柳に 何でも言って 悩みなし    〔もみもみも〕
・ついに来た 日本語話せぬ 外人さん 〔村一番〕
・おれ60 患者ほとんど 70歳 〔ぱぴぷぺぽ〕
・極楽は 施術した人 皆元気 〔お大事に〕
 [28年09月]
・いつもなら かかる人来ぬ 給料日  〔ぱぴぷぺぽ〕
・脈を診て 病分からぬ 私には  〔お大事に〕
・65 孫と一緒に 鍼かかる  〔ひょっとして〕
・一気読み 資料の川柳 講習会  〔強揉み名人〕
・まだこない ネット宣伝 効果なし  〔招き猫〕
・鍼受けて 俺もなりたい 鍼灸師  〔患者A〕
・按摩受け 完走できた 20キロ  〔あ~ん〕
・揉みながら 故郷の被災 気になって 〔揉まれ好き〕
・按摩受け ひたすら眠る それが効く 〔もみもみも〕
・接触鍼 俺より上手 練習生  〔指導員B〕
・摩訶不思議 笑いすぎると 心やぶる  〔若葉マーク〕
・細かすぎ 多彩な技術 田中流 〔受け身初段〕
・講習会 相手はひたすら 眠ってる 〔村1番〕
・極楽は 仕事たくさん 飲むビール 〔華陀のひ孫〕
[28年07月]
・開業し 最初の電話 声ふるえ   〔ひょっとして〕
・素問読む 古代と現代 違い過ぎ   〔のんびりと〕
・江戸時代 00番なら 大繁盛?      〔ぱぴぷぺぽ〕
・川柳に 夢物語 載せてみる   〔強揉み名人〕
・高いのに ネット宣伝 患者なし 〔おばんです〕
・夢でない 50で修行 名人に   〔招き猫〕
・持続圧 患者眠って 我地獄       〔あ~ん〕
・患者揉む ひたすら楽しい 天職か    〔揉まれ好き〕
・揉み返し なってもいいから 強く揉め  〔もみもみも〕
・糸状灸 俺より上手 練習生        〔指導員B〕
・素問とは 素(す)の人、問うた 傑作集    〔指導員A〕
・違い過ぎ 学校授業と 田中流      〔受け身初段〕
・講習会 相手の熱意 ヒシヒシと      〔おだいじに〕
・極楽は ずる休みして 鍼あん摩      〔華陀のひ孫〕
[28年05月]
・初仕事 震え止まらず 手と声が 〔ぱぴぷぺぽ〕
・素問読む 分からぬ事が 多すぎる  〔のんびりと〕
・00番 老眼鏡で 見える鍼 〔高笑い〕
・欲はない ひたすら病 治すだけ  〔おばんです〕
・我健康 チラシをまいて 3万歩  〔強揉み名人〕
・夢の夢 私が100歳 患者100 〔招き猫〕
・持続圧 腹と雷 共に鳴り  〔揉まれ好き〕
・国試落ち 百会に鍼して 手酌酒 〔あ~ん〕
・おなら出るー それでもやって 尻按摩  〔もみもみも〕
・練習生 俺より按摩 上手かも?  〔指導員B〕
・うなり声 待ってる患者 不安顔   〔受け身初段〕
・細すぎる 刺すまで時間 かかり過ぎ  〔村一番〕
・忘年会 初めて見たよ 笑い顔      〔華陀のひ孫〕
・往診で 多額のチップ いいのかな   〔おだいじに〕
[28年03月]
・雪降って 自分の腰に 鍼をうつ  〔ぱぴぷぺぽ〕
・免許取り どんな鍼灸 やるべきか   〔のんびりと〕
・終わっても いつもの笑顔 ない患者 〔高笑い〕
・脳空の ツボの痛みに 驚いた     〔おばんです〕
・外風府 これが一番 花粉症     〔強揉み名人〕
・ただの人 なのに言われる 先生と  〔招き猫〕
・我腰痛 なぜか腰痛 患者来る   〔揉まれ好き〕
・国試落ち 夜の仕事で 我慢する     〔あ~ん〕
・仕事ゼロ ベッドに大の字 涙出た   〔もみもみも〕
・練習生 急に上達 嬉しいな          〔指導員B〕
・田中流 間合いができぬ ややこしい     〔受け身初段〕
・娘鍼 私は指圧 入学す          〔村一番〕
・田中流 すぐに夫に やってみる      〔華陀のひ孫〕
・極楽は 国試受かって 飲むお酒     〔おだいじに〕
[28年01月]
・年明けて 気持ち新たに 鍼を持つ〔おばんです〕
・今年こそ 鍼の患者を 増やしたい〔のんびりと〕
・響いたが これで治るか 自信ない〔高笑い〕
・駅伝を 見ながら肩に 鍼をうつ 〔ぱぴぷぺぽ〕
・駅伝で 正月気分に カツ入れる 〔もみもみも〕
・どうしても 認知の人を 治したい 〔招き猫〕
・かぜ引いた のどに鍼して 仕事した〔揉まれ好き〕
・年賀状 出したらすぐに 電話きた 〔あ~ん〕
・上京し 5年たっても 帰られない 〔強揉み名人〕
・練習生 するどい問いに 手が止まり〔指導員B〕
・3年目 どうにか分かる 田中流 〔受け身初段〕
・またできた 玄関綺麗 治療院 〔村一番〕
・お正月 1年ぶりに 素問読む 〔華陀のひ孫〕
・この町に ないから流行る 治療院〔おだいじに〕
[27年11月]
・仕事ない 何だかんだと 忙しい〔おばんです〕
・80歳 大雨なのに 来てくれた  〔のんびりと〕
・好評だ AKA(エーケーエー)で 首治る 〔高笑い〕
・十二月 次から次と 忘年会〔もみもみも〕
・忘年会 練習相手と 飲み交わす〔招き猫〕
・忘年会 お酒に強い 女性軍〔揉まれ好き〕
・むずかしい 間合いを入れる 田中流 〔強揉み名人〕
・盛り上がる 意外な話しと うまい酒〔指導員B〕
・田中流 覚えられない 新技術 〔受け身初段〕
・かぜ予防 大根おろしと 鍼温灸 〔村一番〕
・気の医学 見えない物が 大事です〔華陀のひ孫〕 ・患者来て 笑って帰る 極楽だ〔ひょっとして〕
[27年09月]
・熱いのを 我慢できたら 灸が効く 〔むかし流〕
・熱い夏 熱い温灸 気持ち良い  〔むかし流〕
・気とは何 気合を入れて 揉めばよい〔高笑い〕
・治療受け 足が出る出る 前に出る 〔招き猫〕
・鉄よりも 強い線維が 鍼になる? 〔強揉み名人〕
・細い鍼 000に なるのかも? 〔あ~ん〕
・土曜日の 夜の練習 力(りき)入る 〔受け身初段〕
・土曜日の 手取り練習 よく分かる 〔受け身初段〕
・10年目 何故か仕事が 減ってきた〔村一番〕
・蒸し暑い 大汗かける 鍼温灸 〔ねじりはちまき〕
・持続圧 してもされても 眠くなる 〔ぱぴぷぺぽ〕
・5年前 かかった人が 来てくれた 〔華陀のひ孫〕
・極楽は 笑顔で患者 帰るとき〔もみもみも〕
[27年07月]
・全部ある あはき整体 田中流〔もみもみも〕
・受かったが 治療しないで 様子みる 〔のんびりと〕
・気とは何 12の臓腑 から出てる〔高笑い〕
・治療受け 駅の階段 楽だった  〔招き猫〕
・耳のハリ 取ったとたんに 食べすぎた 〔強揉み名人〕
・梅雨時が 好きですアトピー 楽なので 〔おばんです〕
・00番 これで治せる 日本だけ〔あ~ん〕
・00番 使って1年 慣れてきた〔あ~ん〕
・講習会 今年も入会 はや5年〔受け身初段〕
・仕事ない 石の上にも 3年だ〔村一番〕
・梅雨長い 按摩と風呂で 疲れない 〔ねじりはちまき〕
・持続圧 指が痛いが 眠くなる〔ぱぴぷぺぽ〕
・ありがたい 病院からの ご紹介〔華陀のひ孫〕
・極楽は 揉まれながらに 眠ること 〔もみもみも〕
[27年05月]
・手に技術 教えてくれる 田中流 〔寝るが勝ち〕
・資格取り 目指すは年収 1000万〔ひとやすみ〕
・国試落ち 手拭い1本 旅に出る 〔もみもみも〕
・高齢者 逆捻転が 大好評 〔揉まれ好き〕
・何故なんだ 按摩が落ちて 鍼受かり 〔おばんです〕
・受かったが 仕事に就けず 宙ぶらりん 〔あーん〕
・白衣着た 治療の気持ち 奮い立つ 〔のんびりと〕
・照れくさい 昔の同僚 初患者〔華陀のひ孫〕
・鍼灸師 稼いでいるのは 何流だ  〔招き猫〕
・チラシまき 三日経っても 電話ない 〔ぱぴぷぺぽ〕
・息子鍼 私は按摩 免許取り  〔高笑い〕
・極楽は 按摩三昧 5連休 〔片結び〕
[27年03月]
・改善は ひたすら眠る これ一番〔寝るが勝ち〕
・ひどい国 ハリで何とか ならないか 〔もみもみも〕
・国同志 揉みっこしたら うまくいく 〔もみもみも〕
・指でかい この人きっと 同業者〔揉まれ好き〕
・鍼灸の 祝日あれば 大繁盛 〔おばんです〕
・ひょっとして お灸の匂い カゼ予防?〔あーん〕
・美容鍼 手足の先に うってつけ 〔のんびりと〕
・上京し 修行が続き 帰られぬ 〔海超えて〕
・00番 目から鱗の 響きあり 〔華陀のひ孫〕
・田舎では 教えてくれる 人いない 〔村一番〕
・新幹線 わが町患者 増えるかも? 〔招き猫〕
・初マラソン 完走できた 鍼灸で〔ぱぴぷぺぽ〕
・極楽は 走った後の 鍼あん摩 〔高笑い〕
・極楽は 私が患者に なった時 〔揉まれ好き〕
〔27年01月〕
・今年こそ 超えてみせるぞ 田中流 〔おばんです〕
・治せない そんなことない 持続圧 〔高笑い〕
    ・今年こそ めざすは稼ぎ 月百万〔揉まれ好き〕
・読みきれず 分厚いノート 中身濃い                 〔もみ小町〕
・お正月 仕事がなくて 9連休 〔強揉み名人〕
・00番 微かな響き いい気持ち 〔のんびりと〕
・父母(ちちはは)に 感謝を込めて 初仕事 〔海超えて〕
・響かせば 鐘がなるなり 梅窓院 〔もみもみも〕
・お正月 やっとできるぞ 大掃除 〔村一番〕
・治療師が かかってくれた 初仕事 〔招き猫〕
・2位の人 1位にさせる 持続圧〔ぱぴぷぺぽ〕
・極楽は 治療の後の チェア揉み機 〔揉まれ好き〕
・極楽は 仕事終わって 妻の肘 〔揉まれ好き〕
〔26年11月〕
・経絡を 証明できる 持続圧  〔もみもみも〕
・三連休 私仕事で 三連勤  〔のんびりと〕
・練習で 覚えた技術 すぐにやる〔ぱぴぷぺぽ〕
・早いもの 忘年会の 時期が来た〔おばんです〕
・忘年会 苦楽の友と 飲み明かす 〔招き猫〕
・患者なし 増えるは近くに 鍼灸院 〔若葉マーク〕
・初体験 100回噛めた 玄米を 〔強揉み名人〕
・盛り上がる 「それより上手」 大合唱〔指導員〕
・田中流 上手な教え すぐできた〔受け身初段〕
・忘年会 今年も参加 4回目    〔村一番〕
・忘年会 貴重な話し 聞けるかも〔華陀のひ孫〕
・極楽は 凝ってるツボの 持続圧  〔あ~ん〕
〔26年09月〕
・90歳 それまでやるぞ この仕事 〔もみもみも〕
・めずらしい 鍼灸院で 自動ドア〔のんびりと〕
・気の医学 現代医学で 分からない〔高笑い〕
・患者さん 主訴は会社の グチばかり〔招き猫〕
・何故なんだ すべての患者 想定外 〔強揉み名人〕
・鍼されて 雷鳴って 響きあり〔おばんです〕
・開業し 初めて紹介 ありがたい〔揉まれ好き〕
・講習会 練習相手 今日こない  〔あ~ん〕
・田中流 覚えてなるぞ 大社長 〔クマガイ〕
・治らない いろいろ考え 眠れない〔村一番〕
・恥ずかしい 顔の指圧で お腹鳴る  〔ねじり鉢巻〕
・だんだんと 紹介患者 増えてきた  〔ぱぴぷぺぽ〕
・田中流 次から次と 新技術〔華陀のひ孫〕
〔26年07月〕
・腕上げる 手拭い1本 海超えて〔もみもみも〕
・鍼灸院 懐かしい人と 鉢合わせ 〔のんびりと〕
・気の医学 逆子至陰で 治ります 〔高笑い〕
・終ったが 雷雨で 帰れない 〔招き猫〕
・響くこと まさしくこれが 気の治療   〔強揉み名人〕
・雷が 近くに落ちた 鍼抜いた 〔おばんです〕
・ありがたい 台風なのに 来てくれた   〔揉まれ好き〕
・講習会 いろいろ行った ここがいい   〔受け身初段〕
・膝でいい グッとくるだけ 押してくれ 〔村一番〕
・台風が 梅雨と患者を 払いのけ 〔ねじりはちまき〕
・台風が それてくれたが 患者ない 〔ぱぴぷぺぽ〕
・田中流 重ね母指圧 指痛い   〔華陀のひ孫〕
・按摩受け 帰りは寒さ 感じない〔もみもみも〕
〔26年05月〕
・細い鍼 痛くはないが 響かない  〔受け身初段〕
・80歳 予約間違い 多くなる  〔村一番〕
・太りすぎ 3L(さんえる)パジャマ 着られない 〔招き猫〕
・風強い 帰りが心配 お見送り〔ぱぴぷぺぽ〕 
・消費税 値上げをしたら 患者減り 華陀のひ孫〕
・治したら 自然に稼ぎ ついてくる 〔もみもみも〕
・めずらしい フトン敷いてる 講習会 〔高笑い〕
・私下手 相手は上手 気のどくだ 〔高笑い〕 
   ・大決心 鍼灸院の 戸を開けた  〔若葉マーク〕
・すぐ効果 内天柱の 離開法 〔のんびりと〕
・1時間 される短く する長い 〔あーん〕
・奥深く さらに1年 やってみる 〔海超えて〕
・連休は 揉まれ三昧 極楽だ  〔揉まれ好き〕
〔26年03月〕
・おおいびき きっと外にも 聞こえてる  〔もみもみも〕
・講習会 たくさんあって 決められなぃ    〔高笑い〕
・雪降って 治療する手が 冷たすぎ〔高笑い〕
・細すぎて 響かせにくい 00番〔若葉マーク〕
・田中流 どこまでやっても 奥深い 〔のんびりと〕
・鍼受けて 早く歩ける 主人より〔あーん〕
・予約した やっぱり怖い 鍼治療 〔村一番〕
・雪かきで 自分の腰に 鍼を打つ 〔招き猫〕
・雪の中 往診治療 喜ばれ 〔ぱぴぷぺぽ〕 
・雪やんで 2日たっても 患者来ぬ 〔華陀のひ孫〕
・マラソンに セルフ按摩で 自己更新〔揉まれ好き〕
〔26年01月〕
・忘年会 十日以内で 新年会 〔もみもみも〕
・1年目 チンプンカンプン 田中流 〔ダンミツバチ〕
・寒い冬 温灸治療 大好評    〔高笑い〕
・田中流 上手な按摩 癒される 〔お肌鍼鍼〕
・田中流 盛りだくさんで もう一年〔もみ小町〕
・お正月 じっくり自分に 自己按摩 〔強揉み名人〕
・歳増える 鍼灸按摩 老い防ぐ 〔のんびりと〕
・休んでも 肩が凝るのは どうしてか   〔海超えて〕
・持続圧 この手技だけで 蔵建てる    〔若葉マーク〕
・指痛い 正月休んで 初仕事 〔村一番〕
・初仕事 80歳の 常連さん 〔招き猫〕
・いびきかく 患者につられ コックリコ 〔高野フード〕
・月2回 鍼にかかって 皆勤賞 〔華陀のひ孫〕
・指圧受け 駅伝応援 極楽だ 〔揉まれ好き〕
〔25年11月〕
・来年の 鋭気を養う 忘年会 〔もみもみも〕
・忘年会 決まって次の日 二日酔い 〔高笑い〕
    ・大丈夫 肝兪に鍼して 飲めば良い 〔ぱぴぷぺぽ〕
・困ったな 同時に2つ 忘年会 〔おばんです〕
・あなた行く 行くなら私 参加する 〔村1番〕
・出たいけど ちょうどその夜 仕事ある 〔揉まれ好き〕
・飲み放題 それなら俺も 出てみるか  〔若葉マーク〕
・下戸なので ひたすら食べて もとをとる 〔強揉み名人〕
・カラオケが あれば私も 参加する 〔あ~ん〕
・カラオケは ないけど歌を 歌います〔指導員〕
・忘年会 今年も参加 3回目〔村一番〕
・くじ引きで 無料治療が 当たります 〔華陀のひ孫〕
〔25年09月〕
・鎮ませた 心で刺入 00番 〔高野ドーフ〕
・ぞくぞくと 開業できる 田中流〔のんびりと〕
・暑過ぎる だけど温灸 気持ちよい 〔高笑い〕
・雷と 患者の腹が 共鳴す 〔あ~ん〕
・逆捻転 名前が悪い だけど効く〔おばんです〕
・この暑さ それでも来院 80歳 〔強揉み名人〕
・田中流 ひたすら練習 うまくなる 〔揉まれ好き〕
・00番 見えないくらい 細い鍼 若葉マーク〕
・練習で 相手が上手 我は下手 〔強揉み名人〕
・逆捻転 この手技だけで 蔵建てる 〔村一番〕
・按摩受け 帰りは人に 話しかけ 〔ねじりはちまき〕
・得意技 何といっても 笑顔です〔ぱぴぷぺぽ〕
・00番 世界に広める 価値がある 〔華陀のひ孫〕
〔25年07月〕
・暇過ぎる 忙し過ぎる 両極端〔もみもみも〕
・人生で 1番勉強 鍼国試   〔のんびりと〕
・ツボ言われ とっさにどこか わからない 〔招き猫〕
・逆捻転 順捻転より 効き目あり 〔おばんです〕
・古典読む 不思議なことが 書いてある  〔強揉み名人〕
・顔揉まれ 腹がグーグー 恥ずかしい 〔揉まれ好き〕
・九州で 仕事がなくて 北海道 〔若葉マーク〕
・患者さん この指たしか? 同業者  〔強揉み名人〕
・蔵建てる 手拭い1本 指だけで 〔村一番〕
・按摩受け 帰りは杖を 肩にかけ  〔ねじりはちまき〕
・得意技 音が自慢の 合掌打 〔ぱぴぷぺぽ〕
・嬉しいな 息子が入学 鍼学校〔もみもみも〕
〔25年05月〕
・風強い 自転車往診 進めない〔もみもみも〕
・落ちたかも ウツが続いて 鍼通い   〔受け身初段〕
・昼休み 昼寝を兼ねて 揉み療治 〔高笑い〕 
・国試落ち 深夜の按摩 やってます 〔のんびりと〕
・逆捻転 目からウロコの 効き目あり 〔おばんです〕
・複雑だ 私は受かり 友落ちた 〔強揉み名人〕
・孫が来る ダッコしたくて 鍼かかる 〔若葉マーク〕
・孫帰り 腰が痛くて 鍼かかる〔若葉マーク〕
・鍼かかり 飲んでたくすり 減ってきた 〔村一番〕
・俺受かり 友も受かって 祝い酒 〔招き猫〕
・合格し 講習会の 品定め 〔ぱぴぷぺぽ〕
・負けられぬ 近所にできた 治療院  〔華陀のひ孫〕
〔25年01月〕
・忘年会 意外な話しで 盛り上がる 〔もみもみも〕
・足冷たい 治療の後も 足冷たい〔受け身初段〕
・寒い冬 腰の温灸 温まる 〔高笑い〕
・今年こそ 独立開業 達成す 〔のんびりと〕
・二次会後 みんなで行こう 治療院 〔おばんです〕
・ありがたい 10年前の 患者さん〔強揉み名人〕
・患者さん ツボに詳しい 同業者〔揉まれ好き〕
・白人は どうして肩が 凝らないの〔海超えて〕
・持続圧 している間 なに思う 〔若葉マーク〕
・我が村に 初めてできた 治療院 〔村一番〕
・元旦も 仕事の依頼 ありがたい 〔招き猫〕
・治らない それでも患者 受けに来る 〔ぱぴぷぺぽ〕
・カゼ流行り キャンセル電話 鳴り続け 〔華陀のひ孫〕
・記録会 鍼灸受けて 自己ベスト〔華陀のひ孫〕
〔24年11月〕
・強く押し 次の間合いが 難しい〔もみもみも〕
・学校の 技術と違う 田中流  〔受け身初段〕
・治せない もらうお金に 気が引ける 〔のんびりと〕
・開業し 最初の患者 親友だ 〔強揉み名人〕
・国試落ち サウナでずっと やっている 〔おばんです〕
・眠れない 治らぬ患者 気になって 〔揉まれ好き〕
・1時間 しゃべりっぱなし 患者さん 〔海超えて〕
・揉みづらい 超弱揉みで 痛がられ 〔若葉マーク〕
・連休も 店を開けたが 仕事ない 〔村一番〕
・腰に鍼 刺しっぱなしで 腰治る 〔招き猫〕
・ノーベル賞 按摩治療で 貰えぬか 〔華陀のひ孫〕
・痒いのを すぐに止めたら ノーベル賞 〔華陀のひ孫〕
・華陀ならば きっともらえる ノーベル賞 〔華陀のひ孫〕
〔24年9月〕
・田中流 患者を前に 本開く 〔新米〕
・鍼が効く 理論変わらず 細い鍼  〔招き猫〕
・偶然に 隣が病院 流行るはず〔揉まれ好き〕
・私より ホテルの按摩 うまかった 〔華陀のひ孫〕
・月末に 肩が凝ったが 金がない〔受け身初段〕
・昼休み 按摩を受けて 字が見える 〔高笑い〕
・患者さん 終りの頃に 本音いう〔のんびりと〕
・開業し 患者来なくて 妻を揉む 〔強揉み名人〕
・東京で 修行のつもり 早9年 〔おばんです〕
・患者さん 心の悩み てんこ盛り〔ぱぴぷぺぽ〕
・手は上手 口も上手で 流行ってる〔海超えて〕
・独立は 金と技術が まだ足りぬ〔若葉マーク〕
・外科治療 中国医学と 違いすぎ 〔村一番〕
・逆捻転 なぜか後ろに よく反れる 〔もみもみも〕
〔24年7月〕
・逆捻転 すごい効き目だ イナバウワー 〔もみもみも〕
・オープン前 不安だらけの 神頼み  〔新米〕
・古代人 きっと驚く 極細鍼   〔招き猫〕
・今までと まったく違う 揉み方だ 〔揉まれ好き〕
・指痛い これを超えたら 専門家〔華陀のひ孫〕
・自分では 絶対刺せない 背腰部〔受け身初段〕
・蚊に刺され 生理の痛み 楽だった 〔高笑い〕
    ・今と次 同じ名前の 患者さん 〔高笑い〕
・ダメもとで かかった整体 よく効いた   〔強揉み名人〕
・尖閣で 開業したら どうなるか〔強揉み名人〕
・田中流 3年やって 奥深い  〔ぱぴぷぺぽ〕
・なぜでしょう 近所に住む人 かからない   〔華陀のひ孫〕
・免許取り 最初の患者 母親だ 〔若葉マーク〕
・免許取り 最初の仕事 手が振るえ 〔若葉マーク〕
〔24年5月〕
・ついかかる 出勤前の マッサージ 〔もみもみも〕
・仕方ない 時間つぶしに マッサージ 〔もみもみも〕
・東京は いろんな揉み方 あるものだ 〔若葉マーク〕
・院の前 桜見物 通るだけ  〔若葉マーク〕
・細すぎる くにゃりくにゃりと 刺さらない 〔招き猫〕
・驚いた 自分の目に刺す 講習会〔揉まれ好き〕
・講習会 布団で按摩 すぐ眠る 〔華陀のひ孫〕
・サウナでも AKAを やっていた 〔受け身初段〕
・とてもいい 按摩と鍼と AKA 〔高笑い〕
・揉みながら 川柳作れる 特技かな〔高笑い〕
・気が巡り 中国古代 体験す 〔強揉み名人〕
・ちからいる 逆捻転と 持続圧〔強揉み名人〕
・覚えたい なかなかできぬ 田中流 〔ぱぴぷぺぽ〕
・夢だけは 日本一の 腕になる〔華陀のひ孫〕
〔24年3月〕
・東京は チリトリ使い 雪はねる 〔もみもみも〕
・朝早く 鍼にかかって 式場へ 〔ぱぴぷぺぽ〕
・田中流 腹が動けば 治ります 〔高笑い〕
・まる3年 鍼にかかって かぜ引かぬ〔招き猫〕
・免許取り 技術求めて 旅に出る 〔招き猫〕
・一歩ずつ 技術積み上げ 早5年  〔招き猫〕
・困ったなァ 1階開業 同業者   〔村一番〕
・忘年会 年1回の 飲み会だ    〔村一番〕
・飲み会が 毎週続く 忘年会 〔華陀のひ孫〕
・雪降って 帰りが心配 おじいちゃん 〔若葉マーク〕
・雪降って 往診徒歩で 7000歩 〔若葉マーク〕
・雪降って 整形混んで うち来ない 〔若葉マーク〕
・極楽は うまく治した 後の酒 〔強揉み名人〕

田中鍼灸指圧治療院ビルダークリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-25-10 
エスト南青山2階
TEL 03-3475-4631
FAX 03-3475-4632
最寄り駅: 銀座線外苑前駅
      出口1b
竹林の一方通行路地を入り、60m程進む。
左側5軒目3階建ての青いビルの2階


リンク



杉本治療院



やすらぎの里

治療院やまと