本文へスキップ

青山エリア、銀座線外苑前駅近くの鍼灸指圧治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3475-4631

〒107-0062 東京都港区南青山2-25-10 エスト南青山2階

第255回 経絡按摩・関節運動法講習会

・日時平成27年5月10日(日曜日)午前10時から午後5時
・場所 東京都千代田区連合会館501号室

内容
(午前10時から12時)
●指導員 田中 勝 佐嶋 健司 山口 京士 受付係 高杉 美鈴
●指導員 矢野 啓介
 
(午前10時から12時)
■1.鍼・温灸実技練習

①切鍼の実験
1寸3分・00番鍼を鍼根のところから直角に折り曲げて、何回で切鍼するかを実験的に行った。

②00番鍼を自分の睛明穴に刺鍼。
極細鍼寸3・00番鍼は痛みが少ないことの実験として、自分の睛明穴に1~2㎝の深さで刺鍼した。また自分の身体のいろいろなツボ(上天突穴、風池穴、合谷穴など)に刺鍼した。次に2人1組で相手の顔面部の硬結・圧痛穴に刺鍼した。陽白穴の刺鍼はちょっとした工夫で簡単に刺入することができる。感覚器官の反応穴に置鍼して手拭いをかけて、その上から温灸を行うと大変気持ち良くて症状が改善される。 ③田中流強揉み前揉捏
強揉み前揉捏の方法として、示指に中指を重ねて揉捏し、中指を外して間合いを取る田中流のリズムのよい前揉捏の練習を行った。



(午後1時から5時)
■1.機関誌経絡按摩133号の内容を実技で説明した

按摩治療
示指の腱鞘炎は大腸経の症状であるが、治療穴は背腰部2行線の肝兪穴や志室穴、外大腸兪穴で改善することが多い。

按摩治療臨床発表
額の真ん中の神庭穴の下方の痛みは、甘いものを食べすぎた脾・胃の弱りが原因であった。

関節運動法
示指の腱鞘炎の痛みは、胸椎3/4椎間関節の関節運動法で改善することができる。

関節運動法臨床発表
便秘は左仙腸関節の後屈下方滑り法で改善することが多い。

関節運動法と経絡の関係
肺経の症状は主に胸椎3/4椎間関節と腕橈関節の過伸展と凹滑り法で改善することができる。大腸経の症状は主に腰椎4/5椎間関節と腕橈関節の過屈曲と凹滑り方で改善することができる。

鍼灸臨床発表
咳の症状に鍼・温灸の治療をしたら、鼻水が出て、痰が出て、最後、尿が出て改善した。

アトピー性皮膚炎の鍼・温灸治療
最初、数回の治療で少しずつ改善していたが、4月、季節外れに冷え込んだところ、腎と心の弱りが出て顔がむくみ、滲出液が出て悪化した。
その後の継続治療で、また改善してきている。

美容治療
今年度はお尻を小さくする按摩・関節運動法の治療を行う予定である。
お尻が大きい原因は、肥満であるが、肝臓の弱りが関係していることがある。

経穴の研究
例.足の腎経・照海穴を持続圧したら、足の親指の裏側に響いた。

臨床メモ
例.歯を噛みしめるのは、甘いものを食べすぎて、脾・胃が弱っているためである。
治療穴は足三里・地機、意舎穴などである。

夢の治療
例.舌がやけどをしたような感じなのですが治りませんか。

新技術
側臥位で仙腸関節の後上部離開と後下部離開を行いながら、患者に股関節の内旋運動をしてもらうと、内旋の関節可動域が拡大して疼痛が軽減される。


■2. 関節運動法

1) 仙腸関節の関節運動法
関節運動法の診断における田中流の特徴は、腹部の圧迫不快感の部位(主に募穴、他、臍の際の肓兪穴や下腹部の府舎穴など)を調べて、その圧迫不快感を軽減できる仙腸関節の手技を選択することである。
治療における田中流の特徴は、手技がある程度力強く持続的に行うことである。また別法として治療効果が高く、行いやすい手技が考案されている。
仙腸関節に機能異常があって治療手技を適切に行なうと、患部関節に気持ちよい感覚が発生し、さらに離れた部位に響き的な感覚が起こる。手技を適切に行うには、まず仙骨と腸骨の動かすべき部位の骨に手が正確に触れていることが大切である。
次に適度な力の強さと、力の方向が大切である。
力を加えると皮膚がずれて手が止まる。止まったところから、さらに力を入れると骨が動く。治療師はこの止まったところから、骨がわずかにうごく微妙な動きを感じとることが大切である。力の強さは、あくまでも患者さんが気持ちよく感じる程度である。

2)腰椎椎間関節の逆捻転
この手技は当会独特の手技で、治療効果の高い手技である。
患者、腰痛のある側を上に側臥位で、腸骨を下方・後方に、腰椎椎間関節の下突起部を上方・前方に圧迫して椎間関節に滑り法を行う方法である。
3) 腰椎椎間関節の順捻転
この手技は一般的に行われている腰部の捻転を、ストレッチ的にゆっくりとソフトに行う方法である。



■3. 按摩実技練習

1)母指圧・母指揉捏の基本練習
①まずイメージ練習として、手を空中にかざして手首を柔らかく動かす練習をした。
②間合いは指圧・揉捏のリズムとしても重要であるが、特に指圧において息を吸うタイミングを取るために重要である。
②間合いの手の1回転は、指先を動かすのではなく、指先を皮膚上に置いて手掌部で皮膚面をなぜるように手首を水平に1回転させると手の動きが自然である。
指圧・揉捏で十分に力を入れたあと、次に手の力を全部抜いて手首を柔らかく1回転させると手が充分に休まることになる。

2)頸部と側頭部の指圧・揉捏
2人1組になって頸部と側頭部の指圧・揉捏を行った。
①頸部は後頸部から側頚部の範囲で4つの陽経があり、さらにその陽経には陰陽の関係の陰経と陰の蔵の弱りが現れると推測される。
②側頭部の両手指先揉捏は、当会独特の手技で治療効果の高い手技である。揉捏と間合いを常に円を描く要領で行う。側頭部の経絡は三焦経・胆経であり、肩凝りと関係が深いので十分に行う。この手技は大変気持ち良くて側頭部の硬結がほぐれる手技である。



◎DVD「経絡按摩」およびテキスト「図解 経絡按摩」参照
◎DVD「関節運動法」およびテキスト「図解 関節運動法」参照
◎機関紙「経絡按摩」発行



出版物
◎DVD「よくある症状への手技療法」(医道の日本社発行)
◎機関誌:経絡按摩(田中鍼灸指圧治療院発行)

・連絡先
 東京都港区南青山2-25-10-2F
 田中鍼灸指圧治療院 経絡按摩研究会
 電話・FAX:03-3475-4632
 メールアドレス:hibiki@s2.dion.ne.jp

田中鍼灸指圧治療院ビルダークリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-25-10 
エスト南青山2階
TEL 03-3475-4631
FAX 03-3475-4632
最寄り駅: 銀座線外苑前駅
      出口1b
竹林の一方通行路地を入り、60m程進む。
左側5軒目3階建ての青いビルの2階


リンク



杉本治療院



やすらぎの里

治療院やまと