青山エリア、銀座線外苑前駅近くの鍼灸指圧治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3475-4631

〒107-0062 東京都港区南青山2-25-10 エスト南青山2階

改善例の発表 monograph

●井穴刺絡による痛風の痛みの軽減

井穴刺絡による痛風の痛みの軽減
●痛風で足の親指の井穴から刺絡して痛みが半減した。男性 55歳。

(ご夫人が当院の鍼治療にかかっている)
海外出張から羽田に着いたとき、右足の親指がものすごく痛くなって歩くことができず車椅子を借りて降りた。
ご夫人の車で、病院よりも当院に直行した。
以前から尿酸値は高かったが、歩けないほどの痛みが出たのは初めてとのこと。
着替えずにベッドに仰向けになってもらい、靴下を脱いで患部をみると、右親指の中足指節関節が赤く腫れている。
親指の爪の生え際も、左親指と較べると赤黒く瘀血の反応があった。
肝経の井穴・大敦穴と脾経の井穴・隠白穴から刺絡することにした。
指サックをはめて、三稜鍼の刃を1㎜出してネジをロックした。
指先を強く触ると痛がるので、極力、力を入れない触り方で井穴を消毒して三稜鍼を当てて切皮した。
(図参照 この写真は実際の患者さんではありません)



三稜鍼を横に置いて親指を圧迫しようとしたら、すでに血が流れ出た。
赤黒い血である。
両方のツボから綿花を10回くらい取り替えるくらい搾り取った。
刺絡を終了して患部を触ると痛みが軽減していたので、肝経・行間穴と脾経・中足指節関節部に円皮鍼を貼った。
ジーンと響いたが我慢してもらった。
この患者さんは鍼治療が初めてであったので、この後、鍼はしないで側臥位になってもらい背部に按摩を行った。
肝兪穴から胃兪穴まで脊中起立筋が棒状に凝っていたので、20分間くらい指圧・揉捏を行った。
患者さんは眠った様子であった。
最後に背腰部に関節運動法の逆捻転を行った。
仰向けになってもらい足に貼っていた円皮鍼を取って、血がにじみ出ないようにテープを貼った。
患部を触ると、やや強く触ることができた。
終わって歩いてもらうと、右足をかばった歩き方であったが、歩行ができるまで改善することができた。
その後、2回、治療にかかってもらって病院へは行かずに足の痛みを改善することができた。

※三稜鍼を消毒する高圧蒸気滅菌機

→改善例の発表INDEX

田中鍼灸指圧治療院ビルダークリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-25-10 
エスト南青山2階
TEL 03-3475-4631
FAX 03-3475-4632
最寄り駅: 銀座線外苑前駅
      出口1b
竹林の一方通行路地を入り、60m程進む。
左側5軒目3階建ての青いビルの2階


リンク



杉本治療院



やすらぎの里

治療院やまと

サイトマップ