本文へスキップ

青山エリア、銀座線外苑前駅近くの鍼灸指圧治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3475-4631

〒107-0062 東京都港区南青山2-25-10 エスト南青山2階

論文発表monograph

半年前から悩む腱鞘炎が4回の鍼温灸治療で完治した例
(あはきワールド 6月12日掲載)

田中鍼灸指圧治療院院長・鍼温灸講習会主催 田中勝


症例)腱鞘炎が鍼温灸治療で完治した例
患者:女性、54歳、作家。

 半年前から右手関節部が腱鞘炎になっている。手首を内側にひねると痛むので、
手首を動かさないようにキーを打って入力していているため、パソコン作業がはかどらない。

1.背臥位での施術
手関節を橈屈して最も痛む部位を揉んで調べると大腸経の偏歴穴であった。

鍼はしたことがないということで、極力、痛みを感じさせないようにと美容鍼の02番鍼を斜刺して、
刺入した部位を押し手の示指で圧迫して撚鍼した(図1)。ジーンとした気持ちよい感覚が起こった。 鍼をテープで止めて、腹臥位になってもらった。


図1 腱鞘炎のツボに刺鍼して圧迫撚鍼


2.腹臥位での施術
背腰部に診断按摩を行うと、次のツボに硬結・圧痛があった。

※ 診断按摩とは、刺鍼するツボを素早く見つけるための指圧と揉捏である。
右側頚部の下天?穴(天?穴の1寸足方)、肩甲骨内縁の魄戸穴、背部の魂門穴、腰部の志室穴。

1寸3分・00番鍼で刺鍼して回旋・雀啄し、響きを得て置鍼した。鍼では魂門穴に刺鍼したとき、
腱鞘炎の痛みに似たズキーンとした感覚が起こった。この感覚が薄れるまで5分間ほど運鍼(回旋して雀啄)した。

温灸をすると志室穴で腱鞘炎の部位が温かくなった。

3.1回目の治療を終えて
 施術時間は約40分。鍼を全部抜いて起きて座位で手関節を橈屈すると、痛みは50%程度改善していた。

4.2~4回目の治療とその結果
 1週間後、来院したときに聞くと、痛みはかなり改善したがキーを叩くとまだ痛みが起こるという。
また施術した日の夜、大量に排便があってすっきりした。

2回目、3回目の施術は右手関節を橈屈してあえて痛みを出した状態で腱鞘炎の偏歴穴に刺鍼して圧迫撚鍼した。
他のツボは1回目と同様に刺鍼して温灸を行った。4回の施術で手関節を橈屈しても痛みは起こらず、
パソコンのキーを叩いても気にせずに行うことができるようになったという。

→改善例の発表INDEX

田中鍼灸指圧治療院ビルダークリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-25-10 
エスト南青山2階
TEL 03-3475-4631
FAX 03-3475-4632
最寄り駅: 銀座線外苑前駅
      出口1b
竹林の一方通行路地を入り、60m程進む。
左側5軒目3階建ての青いビルの2階


リンク



杉本治療院



やすらぎの里

治療院やまと

サイトマップ