青山エリア、銀座線外苑前駅近くの鍼灸指圧治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3475-4631

〒107-0062 東京都港区南青山2-25-10 エスト南青山2階

第293回 鍼温灸・経絡按摩講習会結果報告

日時 平成30年11月11日(日曜日) 午前10時から午後5時
場所 東京都 連合会館501号室


午前10時から12時(2時間)
■鍼・温灸実技練習


1. 婦人病の治療として下腹部に経穴〇シールを貼ってツボの研究をした。



下腹部・任脈の症状は、奇経治療として手首の肺経・列欠穴で改善することがある。
関元穴は腎・脾・肝の経絡が集まっているツボであるが腎のツボの照海穴や太谿穴で改善することが多い。
胃経の中脘穴は足三里穴で、天枢穴は上巨虚穴、外関元穴は下巨虚穴で改善することが多い。
便秘で左下腹部の胃経・水道穴に圧迫不快感のあることが多く、水道穴は下腿胃経の下巨虚穴で不快感を軽減することができる、共に便秘を改善できるツボである。


午後1時から5時(4時間)
■経絡按摩・関節運動法講習会


1.経絡按摩

➀下肢後側部の按摩
下肢後側部の按摩は基本的な手根圧迫、手根揉捏、母指圧、母指揉捏の他に田中流独特な両手つまみ揉捏を行う。
両手の母指と四指でつまみ上げて揉み、押し下げて揉む。3のリズムで揉んで4で手を移動して間合いを取る。
腎経と膀胱経のツボを同時に治療する効果の高い揉み方であるが、大変、難しい手技である。


➁耳の聞こえ方の改善
秒針の音の出る目覚まし時計で、左右の耳で聞いて聞こえの悪い方を調べる。
聞こえの悪い側の上肢の手の三焦経、上中渚穴を母指持続圧しながら四瀆穴に指圧と揉捏を1分間ほど行うと、ほとんどの人は音が大きくなることが分かる。


➂上肢と下肢のツボを指圧・揉捏して下肢や体幹の柔軟性と筋力がアップする実験をした。
例.身体後側部、腎経と膀胱経の改善
治療穴 後谿(督脈)、申脈(陽蹻脈)・照海(陰蹻脈)

④足を押さえて頭を上げる(図1)、次に上体を反らす(図2)、さらに上肢を両側同時に上げてもらう(図3)、最後に下肢を片側ずつ上げてもらう(図4)。
治療師は関節の角度を、患者は筋の力の入り方を覚えておく。

⑤上肢が上がらない方を先に治療する。
後谿(督脈)を持続圧しながら前腕部・小腸経に按摩を行う。(図5)
さらに上肢を上げるように力を入れてもらい、それに抵抗しながら、肩甲骨部と三角筋後側部・小腸経手根圧迫を行う。(図6)
もう一度、上げてもらうと、素早く上がって、上げる角度も大きいことが分かる。

⑥申脈を持続圧しながら下腿膀胱経に按摩を行う。(図7)
照海を持続圧しながら下腿腎経に按摩を行なう。(図8)
足首を押さえて下肢を上げてもらい、それに抵抗しながら、臀部・下肢後側部の力の入っている筋に手根圧迫を行う。(図9)
もう一度、上げてもらうと、素早く上がって、上げる角度も大きいことが分かる。
他方の下肢にも同様に治療して、足首を固定し、頭を上げてもらう(図10)、上半身を上げてもらうと(図11)、治療する前に較べて素早く上がり、角度も大きいことが分かる。




2.関節運動法

➀ 手関節の関節運動法
1) 橈骨/手根関節の背屈・掌屈・橈屈・尺屈と凸滑り法
橈骨に対して手根骨はどの方向に動いても手根骨の関節面は凸滑りとなる。
手関節の背屈と凸滑り法
背屈して関節可動域の限界で患者さんにさらに背屈に力を入れてもらうと効果が大きい。

➁ 手指の関節の関節運動法
手関節を背屈して第2中手指節関節と指節間関節の背屈と凹滑り法を行うと肩凝りを軽減することができる。


◆過去の講習会トップメニューへ

機関誌:経絡按摩(田中鍼灸指圧治療院発行)・連絡先
 東京都港区南青山2-25-10-2F
田中鍼灸指圧治療院 経絡按摩研究会
電話・FAX:03-3475-4631
メールアドレス:


田中鍼灸指圧治療院ビルダークリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-25-10 
エスト南青山2階
TEL 03-3475-4631
FAX 03-3475-4632
最寄り駅: 銀座線外苑前駅
      出口1b
竹林の一方通行路地を入り、60m程進む。
左側5軒目3階建ての青いビルの2階


リンク



杉本治療院



やすらぎの里

治療院やまと