青山エリア、銀座線外苑前駅近くの鍼灸指圧治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3475-4631

〒107-0062 東京都港区南青山2-25-10 エスト南青山2階

平成30年度経絡按摩・関節運動法講習会のご案内

平成30年12月9日(日)経絡按摩・関節運動法講習会 聴講のご案内
場所  連合会館
時間  13:00~17:00
受講料 5000円

講習内容


関節運動法
坐骨神経痛の症状は、主に下肢の膀胱経と胆経に現れる。膀胱経の坐骨神経痛は仙腸関節の膀胱兪穴に圧痛があり、仙腸関節の治療が重要である。坐骨神経痛は上体の前屈で痛みが出ることが多いので、上部離開法に加えて前屈上方滑り法が治療手技となることが多い。
腰椎5/仙骨の椎間関節は下肢の全ての症状に関係する重要な関節なので、必ず機能異常(椎間板が狭くなって脊椎椎間関節の動きが滑らかでない。手技を行って響き的な感覚が強く起こる)があり、必須の関節である。
膀胱経の症状は腎の弱りが原因なので、腰椎2/3椎間関節の逆捻転を行う。
胆経の症状は肝の弱りが原因なので、胸椎11/10椎間関節(胆兪穴の位置する部位)と胸椎10/9椎間関節(肝兪穴の位置する部位)の逆捻転を行う。
・下腿の神経痛の症状に対して
腓腹筋外側部・膀胱経外側部の痛みに対しては、背臥位で足関節を内反して距腿関節の背屈と凸滑り法を行う。
腓骨筋・胆経の神経痛に対しては、足の第4趾の中足骨・基節骨関節の底屈と凹滑り法、同時に指節間関節の背屈と凹滑り法を行う。

●経絡按摩
①胸部のツボに、経穴を〇シールに印字したシールを貼って研究する。
➁胸部のツボと手指の症状は関係が深い。
・舌の痛みの症状に対して、舌を歯茎に強く押しつけて痛みを確認し、胸部・腎経・歩廊穴と前腕・心経・通里穴を持続圧すると痛みが軽減する。
③臭いの減退に対して、コーヒー豆の臭いを左右の鼻で嗅いで臭いが感じられない方を調べ、その側の腎経・神蔵穴と彧中穴、前腕・肺経・尺沢穴を持続圧すると臭いを強く感じることができる。

★忘年会
午後6時から講習会員と指導員とで、居酒屋で忘年会を行う予定です!

忘年会川柳
忘年会  日本にだけある いい飲み会
あなた出る 出るなら私も 出ようかな
安いけど おいしい物は あるのかな
ありますよ 北海道の うまい物(居酒屋 北の家族)
俺飲めない ひたすら食って 元を取る
どうしよう 他の誘いと 同じ日だ
今年(こんねん)も 無料治療に 当たりたい
先輩の 裏の話しを 聞けるかも
先輩の 失敗談を 聞けるかも
先輩の 自慢話を 聞けるかも
先輩の 意外な趣味を 聞けるかも
早いもの 今度の参加で 3回目
忘年会 決まって次の日 二日酔い
大丈夫 肝兪に鍼して 飲めばいい

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
平成30年11月11日 経絡按摩・関節運動法講習会の報告

1.手関節・手指関節の関節運動法
月状骨と有頭骨関節は有頭骨の関節面が凸になっているので、背屈・掌屈は凸滑り法を行う。
手背の小さな窪みに母指の指先を縦に入れて、上側は月状骨、下側は有頭骨をつかむ。
背屈は下の手の母指を掌側に圧迫しながら行い、掌屈は下の手の示指を背側に圧迫しながら行う。
この関節は三焦経の経絡上にあるので、肩を揉みながら手技を行うと肩凝りが軽減することか分かる。

2.按摩実技練習
(1) 下肢後側部の実技練習
・2人1組で、受け手は腹臥位、治療師は患者さんの両足の間に位置して行った。
下肢後側部では、田中流の腓腹筋部の両手把握揉捏、アキレス腱部の片手つまみ揉捏が重要である。
(2) 奇経治療
上肢・下肢の奇経の主治穴と十二経絡の重要なツボに按摩を行って、頚部や体幹の動きが良くなる実験を行った。
例.患者 背臥位
上肢の大腸経と下肢の胃経のツボを揉んで、頚部の前屈と体幹の上体起こしをすると、揉む前に比べて筋に力が入りやすく、関節の角度が大きくなることが分かる。
(3)耳の症状の按摩治療
耳の症状が改善することを一人の患者に対して、2人の治療師がツボの持続圧と関節運動法を行って、目覚まし時計の音を聞くと音が大きくなることを実験的に行った。
Aの治療師が三焦経・上中渚穴、Bの治療師が耳の和髎穴を30秒間持続圧した。
次にAの治療師が第4指の背屈と凹滑り法、Bの治療師が後頭骨/環椎関節の完骨の離開法を30秒間、合計1分間の治療の後、もう一度、目覚まし時計の音を聞くと、ほとんどの例で耳の聞こえが良くなっていた。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
経絡按摩・関節運動法講習会 年間入会のご案内

開催年月日 関節運動法 臓腑と経絡 経絡按摩
1 30年
4月8日
関節運動法の基本理論と中医学の経絡を応用した理論の学習
仙腸関節の関節運動法
花粉症の関節運動法

肺経・大腸経の流注と経穴の学習 (上唇の皺は肺の弱り) 臓腑病の研究
田中流経絡按摩の特長 指圧・揉捏の基本練習 肩上部・肩甲間部の按摩 花粉症の按摩治療
2 5月13日 腰椎椎間関節の関節運動法
(逆捻転・順捻転)
腰痛の関節運動法
胃経・脾経の流注と経穴の学習 (ホウレイ線は脾と肝の弱り) 臓腑病の研究 指圧・揉捏の基本練習 肩上部・肩甲間部の按摩 頸部・側頭部の按摩 側頭部の両手指先揉捏
3 6月10日 胸椎椎間関節の関節運動法(下部胸椎・上部胸椎) 上部胸椎と手指の関係
心経・小腸経の流注と経穴の学習(目の下の皺は心の弱り ) 臓腑病 前腕部・手部の按摩 美容の按摩 耳顎歯のどの症状改善の実験
4 7月8日 頸椎椎間関節の関節運動法
(後頭骨/環椎関節、頸椎2/3椎間関節が重要)
腰痛の関節運動法(復習)
膀胱経・腎経の流注と経穴の学習 (眉間のタテ皺は腎の弱り) 臓腑病 背腰部・仙骨部・臀部の按摩 背腰部兪穴のツボの位置の研究
腰痛の按摩 腰痛5点穴
8月休講
5 9月9日 上肢➀肩関節 胸肋関節
五十肩・目の症状の関節運動法 背中で両手の指がつかめる関節運動法
心包経・三焦経の流注と経穴の学習 (目の下の蝶形紅斑は心包の弱り)臓腑病
膀胱経2行線の按摩 目の症状・五十肩の按摩
心包経・三焦経の研究
6 10月14日 上肢➁肘関節 肩凝りの関節運動法 胆経・肝経の流注と経穴の学習 (額のヨコ皺は肝の弱り) 臓腑病 仙骨部・臀部の按摩
3分間の母指持続圧 肩凝りの按摩 意舎穴・胃倉穴の研究
7 11月11日 上肢➂手関節・手指の関節 手関節の関節運動法と頸部の動きの関係 耳の症状改善の関節運動法 奇経のツボの取穴。 奇経のツボを指圧して上肢・下肢・体幹部の柔軟性と筋力を向上させる実験的治療 下肢後側部の按摩 下肢のツボと背腰部の関係 耳の症状改善の按摩
8 12月9日 下肢➀股関節 O脚治療 坐骨神経痛と、のどの症状の関節運動法 奇経のツボを指圧して顔面部の感覚器官の症状を改善させる実験的治療 講習会終了後、忘年会の予定 胸腹部に経穴〇シールを貼ってツボの研究
胸部と手指の関係 坐骨神経痛とのど症状改善の按摩
9 30年
1月13日
下肢➁膝関節 膝関節痛の関節運動法 側彎の研究 下肢前側部の按摩 足部と足指の効果的な按摩と関節運動法 膝痛の按摩
10 2月10日 下肢➂足関節 足関節痛の関節運動法 胸椎後彎改善の関節運動法 顔面部・頭部の按摩 ほほの引き上げマッサージ 坐位 運動法
11 3月10日 関節運動法の基本手技を復習 ●若干変更があります 修了証の授与 按摩の基本手技の復習 ●若干変更があります

講習内容:
1.経絡按摩
1)中医学の基礎的理論を学習
①臓腑の病症の学習
②十二経絡と奇経八脈の流注を学習
 十二経絡は胸腹部募穴と背腰部兪穴、および手足の経穴との経絡的関係を学習します。
 奇経八脈は奇経の主治穴に持続圧を行いながら前腕部や下腿部の硬結・圧痛を指圧・揉捏すると症状が改善します。
③いろいろな症状に対して胸腹部募穴と背腰部兪穴および手足の要穴の経絡的関係を重視して診断と治療を行う方法を研究します。
2)按摩実技
①指圧・揉捏の基本練習
田中流の指圧・揉捏を練習します。指圧は息を吐くときに指圧し、息を吸うときに間合いを入れます。
揉捏は手関節を柔軟にして母指に力強く圧を加えて揉捏します。揉捏が終ったら手の力を抜いて間合いを入れます。
②母指の先と腹を使い分けて、診断と治療を行う方法を学習します。
診断は母指の先を使って、極めて狭い範囲のツボをとらえます。
気持ち良く感じさせる指圧・揉捏は、母指の腹を使って行います。
③会長が最初に模範実技を行い、次に2人1組で全身按摩と症状別按摩の実技練習を行うので、技術を習得しやすい練習内容です。
④実技を収録したDVDとテキスト「経絡按摩」をあらかじめ配布しますので、予習することができます。
2.関節運動法
関節運動法は、関節運動学的アプロ-チ(AKA)の理論に中医学の経絡を応用した整体です。
関節運動法の手技を持続的に行うと中医学の経絡に沿って響きが起こり、症状が改善されます。
従ってどんな症状に対しても、腹部の募穴の圧迫不快感を軽減することができる手技を行って内臓を強化すると症状は改善されていきます。
ソフトな刺激であるため、若い人から高齢者まであらゆる年齢層の患者さんに治療を行うことができます。
2人1組になって実技練習を行いますので、すぐにお互い治療効果を確認できます。
実技を収録したDVDとテキスト「関節運動法」をあらかじめ配布しますので、全身と症状別の関節運動法を予習することができます。
3.手技の完全習得
平成31年1月、2月、3月の講習会は、会長と指導員が会員一人一人に按摩と関節運動法の基本的な手技の指導を行い、手技の完全習得をめざします。

期  間:平成30年4月~31年3月(8月は休講 年間11回開催)

日  時:毎月第2日曜日 午後1時から5時迄(12時15分から入室可能)

会  場:連合会館 501号室
     東京千代田区神田駿河台3-2-11 地下鉄千代田線 新御茶の水駅0分
     ●但し4月8日の第1回目の会場は「全電通労働会館3階」

受講資格:按摩マッサージ指圧師、柔道整復師、鍼の免許を有する方、
     あるいはその免許を取得する学校に在籍している方。

受講費用:87,400円(全額一括納入)
年間受講費には、年間使用のテキスト、按摩・関節運動法の重要な内容を収録したDVD16巻、O脚ベルトおよび機関誌「経絡按摩」、修了証、毎回のプリントノート代を含みます。(映像教材はDVDのみでビデオは発行しておりません)
振込後の受講費用の返却は致しませんのでご了承下さい。

申込方法:
同封の申込用紙に必要事項を記入の上、写真を貼付して同封の封筒に入れ、お手数ですが切手を貼ってお送り下さい。

振込機関
①郵便振替(同封の赤色の郵便振替用紙 振込手数料不要)
②みずほ銀行 外苑前支店 普通 1564013(振込手数料 必要)
③ゆうちょ銀行 〇一八(ゼロイチハチ)普通 3974426(振込手数料 必要)

申込締切:平成30年3月31日(消印有効)※定員になり次第締切(基礎科定員約20名)

持ち物:実技を行いやすい服装。配布したノート。筆記用具。

聴講:会員とほぼ同じ練習を行いますので実技の出来る服装を用意し、
   あらかじめ電話でお問い合わせの上、御参加下さい。
   ※1回 5,000円(費用は当日会場にて申し受けます)。

修了証:遅刻・早退なく9回以上講習会に出席した方には、最終回に修了証を授与致します。

DVD:
①経絡按摩(全身)
②按摩の基本技術 ③関節運動法(全身)
④肩凝り・腰痛・五十肩・膝痛の経絡按摩 ⑤肩凝り・頸部痛・腰痛・五十肩・膝痛・肘痛・手のCM関節痛の関節運動法
⑥O脚徒手矯正
⑦「よくある症状への手技療法」(医道の日本社発行)16巻
※年間申込者には上記16巻を受講費用入金確認後にお送りしますので、予習をすることができます。

テキスト:
1年間使用する「経絡按摩」(緑色の表紙)と「関節運動法」(黄色の表紙)の2冊。

代金返還:
ご入会において「よくある症状への手技療法」(医道の日本社発行DVD)および「関節運動法」(たにぐち書店発行)を、ご入会以前にお買い上げの方は定価から1割引した値段を、入会金から差し引きますのでお問い合わせ下さい。

教材の発送:教材(テキストとDVD)は3月上旬から郵送致します。

その他:
講習会においてビデオや写真の撮影は禁止しております。録音は可能です。
講習会場には駐車場がありませんので、交通はJR或いは地下鉄を御利用下さい。
午前の鍼・温灸と午後の経絡按摩・関節運動法の両方にご入会の方は、入会金の2回分割支払が可能です

連絡先
 東京都港区南青山2-25-10-2F
 田中鍼灸指圧治療院 経絡按摩研究会
 電話:03-3475-4631
 メールアドレス:hibiki@s2.dion.ne.jp

田中鍼灸指圧治療院ビルダークリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-25-10 
エスト南青山2階
TEL 03-3475-4631
FAX 03-3475-4632
最寄り駅: 銀座線外苑前駅
      出口1b
竹林の一方通行路地を入り、60m程進む。
左側5軒目3階建ての青いビルの2階


リンク



杉本治療院



やすらぎの里

治療院やまと